DIYに必須な道具とは

DIYで必要な道具類

DIYに必須な道具。
・カッターナイフ
・金槌
・差し金
・ドライバー
・キリ
・やすり
・のこぎり
などは基本中の基本と言っていいでしょう。
なくても、ホームセンターなどで簡単に揃えることができます。
しかし、一歩踏み込むと途端に道具が増えます。
もし本格的な床材の張り替えをしようものなら、
・下地処理剤
・クッションフロア
・クシ目ゴテ
・刷毛
・ヘラ
・ジョイントローラー
・床用ボンドや床専用両面テープ
などが必要になってきます。
さらには、ちょっと大きな棚を作るなどする場合には、電動のこぎり・電気ドリル・サンダーなどが便利です。
本当に上を見たらキリがありません。
やりたいDIYに合った道具と材料を準備する、これは本当に重要なのです。

手軽にDIY

さて、いろいろなDIYの作業道具を挙げましたが、基本道具はともかく、こんなにいろいろ揃えるのは難しいし、そんな難しいことはできない、という人が大半かと思います。
では、見方を変えてみましょう。
作るためではなく、飾り付けのための道具はどうでしょうか。
おしゃれにするなら、タイルや色ガラス、そんなものでいいのです。
実は、子供のおもちゃ、ビー玉やおはじきなども、DIYの飾り要員として優秀です。
100円でも季節ごとの飾りを店頭で購入することも可能です。
逆に通年で置いてある、ガーデニング用品も使えるものであり、また、文房具の中にもマッチするものがあるかもしれません。
通な人になると、廃材なども材料となるでしょう。
外に落ちている枯れ枝やゴミの中にも、上手く使えるものがあるかもしれません。


B!